ロゴ デザイン
  • Author:graphdesignlab
  • Comments:0

LOGO DESIGN

手書きのレタリングをベクター化するデザインのご依頼をいただきました。

Illustratorにてパス取り(トレース)する作業になります。
はじめにレタリングの原画を高解像度でスキャニングします。
そして、Illustratorにスキャニングした画像を配置します。
原画のレタリングをなぞるようにして、綺麗にパスを取っていきます。

イラストレーター トレース作業

手書きのレタリングをベクター化(データ化)する理由として、
1 解像度を気にせずぐ~んと拡大できる。
これは、大判サイズのバナーやポスター、看板など大きいものに使用する場合です。

2 色の変更やサイズの拡大・縮小が自由自在
Illustratorでデータ化したあとは、黒のみではなく、赤や青に変更したり、
ロゴのサイズを大きく→小さく→大きくと自由に変形できます。
また、ロゴ自体の変形も可能なので、少し曲げたりとできます。

手書きのレタリング

↑手書きのレタリング、トレース前

ロゴ デザイン

↑イラストレーターにてトレース後

原画とデータ化した画像を比べて見て下さい。
綺麗にトレースすることはもちろんですが、アーティストが書いた元のデザインを崩さないよう、慎重に作業することを心がけています。

その他にも色々な場面で活用できます。
イベントなどに協賛した場合、パンフレットやポスターに掲載するため、ロゴをデータでくださいと言われます。
高解像度のロゴデータであればjpgやpng(画像化)でも問題ありませんが、
デザイナーにとっては、ベクター化されているロゴがいいですね!
デザインを制作する時間にも大きく左右されます。

データ化されているロゴをお持ちでないお客様はご相談ください。
使用されているロゴのjpg画像などあればトレースします。
多少小さい画像サイズでも問題ありません。

また原画がなくても、会社やショップのロゴデザインを制作します!
お問い合わせは、info@graphdesignlab.comまでお気軽にご相談ください。